JX通信社

株式会社JX通信社

印刷
シェア

あいおいニッセイ同和損保とJX通信社、新たな防災ソリューション開発に向けた共創取組を開始

〜第一弾として、リアルタイム被害予測「cmap」に「FASTALERT」のビッグデータ災害被害情報を連携〜

MS&ADインシュアランス グループのあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(代表取締役社長:金杉 恭三、以下あいおいニッセイ同和損保)と、株式会社JX通信社(代表取締役社長:米重 克洋、以下 JX通信社)は、地震などの自然災害が発生した際、地域の防災、減災に資する、SNSなどのビッグデータを活用した防災・減災に貢献する新たなサービスの開発等に向けた共創取組を開始します。

1.  背景

昨今の大規模自然災害の多発を受け、2019年6月、あいおいニッセイ同和損保は被災建物予測棟数を市区町村毎にリアルタイムで公開するウェブサイト「cmap.dev(シーマップ)」(以下cmap)を開発し、2020年8月にはスマートフォン向けアプリを公開しました。これらの無償サービスを展開する中で、被災地域の状況を詳細かつ早期に知りたいという要望が多く寄せられたため、情報空白期間が生じやすい自然災害発生直後の速報として、SNSで公開される情報の活用を検討してきました。

2.  取組概要

共創取組の第一弾として、あいおいニッセイ同和損保がcmapで公開する都道府県・市区町村単位のリアルタイム建物被害予測と共に、JX通信社がFASTALERTで提供する被災現場の状況に関する情報をリアルタイムに配信する取組を2021年上期中に開始する予定です。FASTALERTのSNSをはじめとしたビッグデータ解析により自然災害と判別された情報を、都道府県単位でcmap上にアラート表示し、SNSで公開された被災現場の状況に関する写真やテキストなどを誰でも閲覧できるように情報を拡充します。

これにより、cmapがリアルタイムで算出する被害予測と、AI✕ビッグデータから得られる具体的な実被害情報を一元的に確認できるため、より早いタイミングで精微な被災状況を把握することが可能となり、利用者さまが避難等の判断を行う上での一助となることが期待できます。

3.  今後の展開

cmapとFASTALERTの融合サービスをさらに深めるとともに、下記2つの構想など、地方公共団体や関連企業、そして地域の皆さまへ一層の安心・安全をお届けできるよう、保険商品やサービスの提供に取り組んでまいります。

<参考>

■あいおいニッセイ同和損保の概要
企業名:あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
代表者:金杉 恭三
URL:https://www.aioinissaydowa.co.jp/
設立:1918年6月30日
所在地:東京都渋谷区恵比寿 1-28-1
事業内容:
MS&ADインシュアランス グループホールディングス株式会社の中核事業会社として、自動車保険、火災保険、傷害保険などの引き受けを行っています。明るく元気な社員がお客さまを全力でサポートする「先進性」「多様性」「地域密着」を追求した「特色ある個性豊かな会社」を目指しています。

cmap(リアルタイム被害予測)

(参考)あいおいニッセイ同和損保 公式ホームページ cmap紹介サイト
https://www.aioinissaydowa.co.jp/corporate/service/cmap/

■JX通信社の概要
企業名:株式会社JX通信社
代表者:米重 克洋
URL:https://jxpress.net/
設立:2008年1月10日
所在地:東京都 千代田区 一ツ橋 2-6-3 一ツ橋ビル8階
事業内容:
JX通信社は、データインテリジェンス領域のテックベンチャーです。国内の大半の報道機関のほか官公庁、インフラ企業等に対して、SNSをはじめとするビッグデータからリスク情報を検知・配信する「FASTALERT」、一般消費者向けのニュース速報アプリ「NewsDigest」などのサービスを提供しています。

FASTALERTでは、無料でサービスを体験できるデモ版をご提供しております。

03-6380-9820

(平日午前10時〜午後6時)

※営業のご連絡・個人のお客様からのお問い合わせはお電話では承っておりませんので、お問い合わせフォームよりご連絡ください。