JX通信社、大手VC2社に対する第三者割当増資を実施

報道ベンチャーの株式会社JX通信社(本社:東京都千代田区/代表取締役:米重克洋、以下「当社」)は、グローバル・ブレイン7号投資事業有限責任組合(運営:グローバル・ブレイン株式会社/本社:東京都渋谷区/代表取締役社⻑:百合本安彦)並びにSBI AI&Blockchain 投資事業有限責任組合(運営:SBIインベストメント株式会社/本社:東京都港区/代表取締役執行役員社⻑:川島克哉)を割当先とする、第三者割当増資を実施しました。

本件による当社の調達額は約5億円で、これまでの当社の累計調達額は計約14億円となります。当社では、今回の調達資金をもとに、リスク情報SaaS「FASTALERT」を軸とした当社サービスの更なる成⻑と「記者のいない通信社」としての新しい報道プラットフォームの確立に取り組んでまいります。

また、今回の第三者割当増資に伴い、新たにグローバル・ブレイン株式会社の百合本安彦代表取締役社⻑が当社社外取締役に就任します。

※本件に関するグローバル・ブレイン株式会社からの発表は下記をご参照ください。
リスク情報速報SaaS「FASTALERT」を提供する株式会社JX通信社へリードインベスターとして出資

リスク情報SaaS「FASTALERT」(ファストアラート)について

「FASTALERT」は、SNSから災害、事故、事件などのリスク情報を収集し、配信するSaaSです。2016年9月のリリース後7ヶ月で、全ての⺠放キー局とNHKで採用。各局ニュース番組における「視聴者提供」動画定着の原動力になりました。2018年の日本新聞協会 技術開発奨励賞を受賞しています。
現在は全国の大半のテレビ局に採用されているほか、新聞社や警察、消防、自治体や一般企業でも幅広く導入実績があります。

グローバル・ブレイン(株) 百合本安彦代表取締役社⻑のコメント

「FASTALERT」は企業活動における速報の重要性を上手く捉えたサービスです。 情報が溢れている昨今、誰よりも早く必要な情報を得ることが出来る者が、情報戦争を制すと考えています。私どもは後発のサービスながら、利用企業を確実に伸ばし、また報道機関だけでなく他業種への導入も進んでいる「FASTALERT」を非常に評価しており、今後も全力でご支援していきたいと考えています。