JX通信社

防災・減災・BCP

災害発生時における防災対応の時間は適切?状況に応じたリードタイムを設定する上での鉄則

台風や水害など被災までにタイムラグがある災害発生時は、リードタイムで定めた時間内で防災対応を完了させることが重要ですが、中にはリードタイムをどのように考えるべきなのか困っている防災担当者も少なからずいるでしょう。

そんな方のためにリードタイムの概要と設定する上で把握しておくべき主な防災情報などを説明していきます。この記事を読むことでリードタイムを設定するためのポイントが分かるので、ぜひ参考にしてください。

リードタイムに沿った防災対応が重要

自然災害の発生時や発生が予測される場合は、組織を守るために直ちに防災対応を開始する必要がありますが、リスクの発生に備えてある程度のリードタイムを定めておきましょう。

というのも安全な避難や防災対応の完了までには時間がかかりますが、リードタイムを決めずにただ漠然と防災対応を定めているだけでは防災対応が間に合わず、混乱が生じるばかりか、対応が遅れることでその後の初動対応や復旧対応にも悪影響を与えてしまうおそれがあるからです。

そのため、リードタイムを設定した上でそれに沿った防災対応を定めておく必要があります。リードタイムとは、災害の発生から被災を受けるまでに行う準備のための時間のことであり、基本的には防災情報で発生または発生が予測される台風、水害、土砂災害などが対象です。

もともとはタイムライン(防災行動計画)の概念であり、タイムラインでは台風や水害など発生から被災までにタイムラグがある災害を主に対象として、災害の発生タイミングをゼロアワー、ゼロアワーから被災までの時間をリードタイムと定めて、必要な防災対応を行います。

詳しくタイムラインの概要や策定方法などを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

タイムライン(防災行動計画)が災害対策として役立つ理由

リードタイムの設定で把握しておく防災情報と現状の課題

では、リードタイムをどのように定めていけば良いのでしょうか。最善と考えられる防災対応をあらかじめ定めた後は、自治体が発表する防災情報を確認し、適切なリードタイムを設定・防災対応をすみやかに実行していきます。

防災情報には、避難判断水位や土砂災害警戒情報などがあり、1時間など数時間先の災害状況を予測しているため、これに基づいてリードタイムを設定し、この時間内で防災対応を完了できるようにしておきましょう。

ただし、あくまでも防災情報は目安であり、場合によっては防災情報の発表自体が遅れたり、当初の防災情報よりも急激に事態が悪化したりすることなどによって、リードタイムが短くなってしまうおそれがあるのです。

災害発生時は何が起きても決しておかしくはありません。浅い川も深く渡れと言われているように被害を最小限に留めるためには災害の種類に応じた効果的な対策を平時から導入した上で、リードタイムが短くなった場合も十分に考慮して設定すると良いでしょう。

リードタイムを設定する上で参考にするべき主な防災情報

リードタイムを設定するためには確認が必要不可欠な防災情報ですが、どのような防災情報がリードタイムを設定する上での参考になるのでしょうか。この章ではリードタイムを設定するために役立つ主な防災情報を説明していくので、ぜひ参考にしてください。

早期注意情報・危険度を色分けした時系列

早期注意情報(警戒級の可能性)とは、警報を発表する可能性が高い豪雨や暴風、大雪、波浪が発生する場合に気象庁が発表する情報です。警報を発表する可能性が高い場合を高、警報を発表する可能性がある場合を中と示しています。当日の数時間先の状況が分かる警報と違って、2日〜5日以内の状況が分かるため、余裕をもって防災対応を進めておくことができます。

危険度を色分けした時系列とは、24時間以内に警報級・注意報級の災害が発生すると推測される場合に気象庁や国土交通省によって発表される防災情報のことです。

3時間ごとに危険度が分類されているため、リードタイムの設定と防災対応を実行する上では、早期注意情報と危険度を色分けした時系列を確認しておくと良いでしょう。

洪水警報・洪水警報の危険度分布

洪水警報とは、3時間以内に危険な洪水が発生する可能性がある場合に発表される防災情報であり、その危険性の高い地域は5段階に分類された洪水警報の危険度で把握できます。

  • 今後の情報等に留意(水色)
  • 注意(黄色)
  • 警戒(橙色)
  • 非常に危険(薄紫色)
  • 極めて危険(紫色)

警戒が発表された時点で避難が求められていますが、豪雨が発生すると急激に水位が上昇するケースがあるので、安全のために水位が一定以上になる前から早めの防災対応を行いましょう。

土砂災害警戒情報・大雨警報(土砂災害の危険度分布)

土砂災害警戒情報とは、大雨警報の発表後に2時間以内に命に危険を及ぼす土砂災害発生の危険性がある場合に気象庁と都道府県が共同で発表する防災情報です。危険度の高い詳細な地域は大雨警報の危険度分布で確認することができます。

大雨警報の危険度分布は、以下の5段階に色分けされています。

  • 今後の情報等に留意(白色)
  • 注意(黄色)
  • 警戒(橙色)
  • 非常に危険(薄紫色)
  • 極めて危険(紫色)

極めて危険はすでに土砂災害が発生していてもおかしくない状態を意味し、非常に危険で直ちに避難することが求められているため、安全確保のために確認しておきましょう。

知らないと判断を誤る「○時間先まで」の本当の意味

前述したように様々な防災情報を参考にすることができますが、どの防災情報に言えることとして「○時間先まで」という表現は数時間後の状況を示すのではなく、数時間以内に災害の発生が予測されているという意味です。

例えば2時間先までの状況を予測したという防災情報は、2時間以内にどこかのタイミングで災害が発生すると考えられるという意味であり、場合によっては1時間後に災害が発生するおそれがあります。きちんと把握していなければ、防災対応が間に合わない可能性があるため、リードタイムの設定をする上では十分に注意してください。

自然災害などの情報収集で活躍するFASTALERT

自然災害などのリスクによる被害を最小限に抑えるためには迅速にリスク情報を把握しておく必要があり、万が一リスク情報の確認が遅れると初動対応の開始が遅くなるため、被害の拡大へつながるおそれがあります。

特にリードタイムで定めた時間以内に適切な防災対応を進める上では、防災情報以外にも具体的な状況を把握することが重要ですが、人の目ではどうしても必要なリスク情報の取り漏らしが発生してしまいます。

では、どのようにリスク情報をスムーズに収集していけば良いのでしょうか。近年、人的・時間的コストをかけずに様々なリスク情報を迅速に収集するために企業や自治体でFASTALERTなどのAI緊急情報サービスが導入されています。

BCPや防災対策などを目的としてすでに全ての民放キー局や大手報道機関、一般企業、自治体で幅広く導入されているFASTALERTは次の4つのメリットがあるため、迅速なリスク情報の収集と初動対応を開始することができるのです。

FASTALERTの4つのできる】
・災害などのリスク情報がAIによってほぼリアルタイムで検知できる
・報道ではカバーしきれない地域などの細かい情報も入手できる
・1つのサービスで自然災害、事故、事件など幅広いリスクを調査できる
・現地に行かなくてもテキスト、映像、写真で状況が把握できる

Twitterをはじめとした様々な場所から“報道前”のリスク情報を検知・分析し、サービス利用者に提供しています。

例えばFASTALERTでは2019年9月5日の京急脱線事故を事故発生から1分後に第1報を検知・サービス利用者に情報提供していましたが、これはテレビの報道よりも1時間15分ほど早かったことが分かっています。

迅速なリスク情報の収集は事業の被害を抑えるための初動対応を開始する上では必要不可欠なので、リスク情報の収集をスムーズに行いたいとお考えの担当者さまは、ぜひFASTALERT基本紹介資料から資料をお申し込みくださいませ。

【サービス資料で分かる3つの内容】
・これまでFASTALERTが検知した主なリスク情報一覧
・業種ごとのFASTALERTの活用シーン
・現在ご利用いただいている企業さまのレビュー

FASTALERTは、企業・自治体のお客様専用のサービスとなります。
※ソーシャルリスクレポートなどその他の資料は、こちらの資料ダウンロードからご覧ください。

最後に

災害発生はいつどこで発生するのか分かりません。想定外の事態へ繋がった場合に被害を最小限に抑えるためには可能な限りの対策を実施しておくことを前提に最善の対応を行うことが重要です。

今回の記事を参考に被害の拡大を防ぐために適切なリードタイムを設定し、避難などの防災対応を進めていきましょう。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • facebook
  • twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • pocket

FASTALERTでは、無料でサービスを体験できるデモ版をご提供しております。

03-6380-9820

(平日午前10時〜午後6時)

※営業のご連絡・個人のお客様からのお問い合わせはお電話では承っておりませんので、お問い合わせフォームよりご連絡ください。