JX通信社

株式会社JX通信社

印刷
シェア

アプリで第二波の兆候を察知。全都道府県の「K値」をリアルタイムに表示する機能をNewsDigestアプリで提供開始

報道ベンチャーの株式会社JX通信社(本社:東京都千代田区、代表取締役 米重 克洋 以下 「当社」)は、当社が運営する速報ニュースアプリ「NewsDigest」上で、全国と都道府県ごとのK値(週あたりの感染者増加率)を表示する機能の提供を開始しました。
「K値」は、警戒される第二波の兆候をいち早く掴むために有効な指標として、行政の状況把握にも活用されています。NewsDigestでは、ユーザーの皆様がこうした指標をアプリで毎日簡単にチェックできるようにすることで、正確な状況の把握と感染予防ができるよう、サポートして参ります。

※この機能はNewsDigestアプリ(iOS/Android対応:無料)画面右下の「新型コロナ」特設タブにてご利用いただけます。

NewsDigest ダウンロードURL

◎概要
K値とは、大阪大学の中野貴志教授と九州大学の池田陽一准教授が提唱している新型コロナウイルス感染症の感染状況をモニタリングするための指標です。値は、直近1週間の新規の感染者数を累計の感染者数で割ることで求められます。つまり、1週間あたりの感染者数の増加率とも言えます。
このK値を用いることで、日次の感染者数の大きな増減の影響を受けずに感染傾向の変化を捉えられるため、感染の収束や拡大の端緒をいち早く掴むのに有効とされています。

先月14日には政府の新型コロナウイルス専門家会議でも示され参考値として注視されているほか、神奈川県でも警戒アラートの基準となる指標として運用されています。また滋賀県では感染状況のステージ判断の参考指標としてK値を用いており、0.05以上を示す場合「警戒ステージ」に相当するものとしています。

NewsDigestを運営する当社では新型コロナウイルス感染症関連統計を今年2月から独自にとりまとめ、NewsDigestのみならずLINE、SmartNews、NewsPicksなど大手プラットフォーム事業者にも広く提供しております。
このため計算の根拠となる全都道府県のデータを全て自社で保有しており、リアルタイムに更新することが可能です。
そこで今回、NewsDigestアプリの画面右下に設置した「新型コロナ」特設タブ内にユーザーが設定した都道府県ごとの最新の「K値」を表示する機能を設置しました。


当社ではユーザーの皆様がこうした指標をアプリで毎日簡単にチェックできるようにすることで、正確な状況の把握と感染予防ができるよう、サポートして参ります。

NewsDigestについて

Google Playベストアプリ2019 生活お役立ち部門賞受賞。速報がとにかく早いから、入れておけば安心。ニュース速報や地震・災害速報のほか、鉄道情報など生活に必要な情報を最も速くお伝えする、ライフライン型ニュースアプリです。

JX通信社について

JX通信社は、報道分野に特化したテックベンチャーです。
国内の大半の報道機関のほか官公庁、インフラ企業等にSNS発の緊急情報を配信する「FASTALERT」、一般消費者向けの速報ニュースアプリ「NewsDigest」、自動電話情勢調査などのサービスを提供しています。 自然言語処理や機械学習といったテクノロジーでリアルタイムにニュースを届ける、新しいかたちの報道機関を目指しています。記者はおらず、社員の約半数をエンジニアが占めています。
新型コロナウイルス感染症をめぐっては、国内でいち早く2月16日より、国内感染状況の統計をまとめた「新型コロナウイルス感染状況マップ」を公開。累計500万人以上のユーザーにご利用いただいています。
当社では、今後も新型コロナウイルス感染症の状況を24時間体制で監視し、正確で迅速な情報提供を行ってまいります。

FASTALERTでは、無料でサービスを体験できるデモ版をご提供しております。

03-6380-9820

(平日午前10時〜午後6時)

※営業のご連絡はお電話では承っておりませんので、お問い合わせフォームよりご連絡ください。