「FASTALERT」が監視対象にMastodon(マストドン)を追加

報道系ベンチャー企業の株式会社JX通信社(本社:東京都千代田区、代表取締役 米重 克洋 以下、当社)では、SNSから事件・事故・災害等の緊急情報を検知する「FASTALERT」(ファストアラート)の監視対象に、国内で初めて「Mastodon」(マストドン)を追加いたしました。

日本テレビ、テレビ朝日をはじめ在京TV局の大半が採用
報道現場でも本格的なAI(人工知能)活用の時代に

報道機関向けのSNS緊急情報検知サービス「FASTALERT(ファストアラート)」は、昨年9月より有償β版をスタートして以降、その検知スピードと網羅性を高く評価いただいてきました。その結果、今月までに、日本テレビ放送網様、テレビ朝日様をはじめとする在京TV局の大半や、共同通信社、産経デジタルなど多数の大手報道機関でも正式に採用いただいています。

 「FASTALERT」では、これまでtwitterをはじめとするSNS上に投稿された事件、事故、災害などの緊急情報をAI(人工知能)で自動検知・解析し、「いつ・どこで・何が起きたのか」を正確に判定したうえでユーザーである大手報道機関に配信してきました。例えばTV局の場合、「FASTALERT」での第一報覚知を起点に、報道ヘリや中継車の現場急行、当局への確認取材等をスピーディに行い、いち早く速報を伝えることなどにご活用いただいています。

 Mastodonは、twitterなど既存の他のSNSに比べてユーザー規模はまだ少ないものの、大きな話題を集め始めています。また、その構造は「分散型」であり、単一の企業によるプラットフォームと異なるリスク耐性がある点もポイントです。そこで「FASTALERT」でも、緊急時のライフラインともなる報道機関の取材活動に貢献するためMastodon発の情報も網羅すべきと考え、同種のサービスでは国内で初めて監視対象に追加いたしました。